公認会計士の資格は難関|通信教育で勉強する

婦人

学校以外の教育

PC

通信の専門学校で教育を受ける場合は、よく考えて利用される事をオススメします。いざ教育をうける時は課題を投げ出さずにきっちりとこなします。学びとは知識を積み上げる事ではなく、分かるまでその意味を考え続ける事が大切です。専門学校以外にもウェブサービスなどで手軽に教育を受けることもできます。

詳しくはこちら

高年収とステータスが魅力

勉学

3大難関資格の1つ

公認会計士は弁護士、不動産鑑定士と並んで3大難関資格と呼ばれています。そのため見事試験に合格して、資格を取得した後には高い収入と社会的ステータスが得られます。安定した高年収と社会的な名声が得られるとあって、毎年1万人を超える受験者が公認会計士試験に挑戦しています。公認会計士試験に合格するためには通信教育を選ぶ人が増えています。人気の秘密は時間を有効に使うことができるためです。公認会計士の勉強をしている人は大学生や社会人が大部分を占めます。大学生は本業である大学の授業もあるので、公認会計士の勉強だけに時間を割くわけにはいきません。また、会社勤めをしながら勉強をしている社会人にとっても、時間は貴重です。自分の空いている時間に勉強できる通信教育は、このような時間がない人にとってとても利用価値が高くなります。

質問制度をフル活用

各資格学校のサポート制度を最大限に利用するのが、通信教育を上手に活用するコツです。どの学校においても、受講生の勉強をサポートするために電話やメール、チャットによる質問受付を行っています。しかし、多くの受講生はこの制度を利用していないというデータもあります。動画による授業やテキストを読んでわからないところがあった場合、すぐに質問するように習慣付けるとよいでしょう。学校によっては質問の回数が制限されているところもありますが、何度でも納得できるまで質問できることをセールスポイントとしている学校もあります。質問に応えてくれるのは講師やアシスタントスタッフですが、できるだけ授業を行っている講師本人に質問するのが効率的です。講師が対応する曜日や時間を事前に調べておき、授業を行っている本人に直接質問をぶつけると理解が捗ります。

合格のために必要な事

勉強する男性

志望理由書は面接試験の基礎資料であり、学生の志望理由や入学後のイメージ、文章力を伝えるための大切な資料です。これをうまく書ければ合格に近づきます。1人で練習するのは限界があるので、通信教育などの添削講座を利用するとやりやすいです。

詳しくはこちら

得点アップのための秘訣

ステーショナリー

小論文の得点アップのためには、添削という作業が欠かせません。しかし、自分自身で答え合わせをすることが難しいため、第三者の手による添削が最も効率的と言えます。通信教育ではそのようなサービスが多数あるので、質問・疑問の問い合わせ対応がしっかりしているサービスを探すと良いでしょう。

詳しくはこちら