公認会計士の資格は難関|通信教育で勉強する

ウーマン

合格のために必要な事

勉強する男性

大学や専門学校などの入学試験を受けるにあたって、志望理由書の提出を求められることが多いです。就職試験でも必要とされることがあるでしょう。その学校に入りたい理由を書いて提出するものです。志望理由書は大切ですので、きちんと書くと合格が近まります。それにはいくつか理由があります。まず面接試験の基礎資料となるからです。入試には面接が欠かせません。面接試験の際に試験官は受験生の書いた志望理由書のコピーを手元に置いて、それに従って話を進めます。良く書けていれば面接がスムーズに進みます。そして志望理由書は受験生にとってアピールするチャンスです。志望理由書は入学して何を学ぶか、何のために学ぶかを理解していないと書けませんし、まとまった文章を書く訓練もしていないと書けません。これが適切に書ければ、学校側、採用側に対して良い印象を与えることができます。

まとまった量の文章を書くというのは、なかなか最初のうちは上手くいきません。どうすれば適切に書けるでしょうか。もちろん普段から新聞や本を読んでおくことは大切です。しかしやはり一人で書いてみても、これで良いのかなかなかわかりません。誰かに添削してもらう必要があります。学校や塾の先生に見てもらう機会があればよいですが、先生方も忙しく、何度も添削してもらえないかもしれません。そんなときは通信教育の添削講座を利用するという方法があります。通信教育の講師は添削のプロですから、多数の答案を読んでいます。学校の先生とは違った観点から、役に立つアドバイスを受けることができるでしょう。また、練習をしなければと思ってもなかなか筆が進まないこともあります。そういう時に、通信教育の添削講座では締め切りが設定されていますので、学習のペースをつかみやすくなるのです。通信添削の講座などを利用して、何度も書く練習をするのが合格へ近づく秘訣です。