公認会計士の資格は難関|通信教育で勉強する

ウーマン

得点アップのための秘訣

ステーショナリー

大学受験の試験科目にもなっている小論文ですが、「苦手」と感じる人は少なくありません。大学のみならず、就職や昇進の試験でも小論文に取り組まなければならない可能性もあるため、できることならば自信を持って臨みたいものです。小論文に対して「苦手であると感じる人」や「いまいち得点が伸びない人」は、その勉強方法を見直す必要性があるかもしれません。なぜならば、小論文は「沢山書くこと」よりも「書いたものを見直し、何が問題であるかを知ること」が大切だからです。つまり、添削こそが最も大切な作業と言えます。ところが、自分で書いた文章を自分で添削することは簡単なことではありません。「自分としては正しいことを書いている」という思い込みは、誰しもが持ってしまうものです。その間違った認識を取り払うためには、第三者によって添削して貰うことが何よりも効率的なのです。

小論文の添削・指導を専門に対応している通信教育サービスは、かなりの数があります。郵送やWebで小論文を提出し、添削された内容が返却されるというものです。指導を受けるというのに、対面でなくても大丈夫だろうか、と考えるかもしれません。時には「指摘内容に納得がいかない」「なぜこれでは駄目なのだろうか」と疑問に感じることがあるためです。しかし、小論文の場合は「その場ですぐに結論を得ること」よりも「添削された内容を吟味し、改めて書き直してみる」という作業の方が、実力向上のために役立つ傾向にあります。このため、対面でないからといって必ずしも大きな不自由を感じるとは限りません。しかし、熟慮を重ねた上でも疑問が解消されないこともありますので、質問について問い合わせができ、なおかつしっかりと返答が貰える通信教育を選ぶ方が良いでしょう。